元ライブチャット管理人が教えるチャットレディのテクニックを学んで女の子を口説く
ライブチャットマニアな管理人がチャットレディと出会う方法や口説き方を紹介

チャットレディを口説き落とす!恋愛心理学を使ってみる

2014年9月5日 by たくちゃん | Filed under 口説くテクニック.

恋愛心理学を使ってチャットレディを口説いてみよう

恋愛心理学を使ってチャットレディを口説いてみよう

今回はどの恋愛シーンにも使える恋愛心理学を使って、チャットレディにも応用してみよう!というテーマで書いていきます。
チャットレディ以外にも様々な恋愛シーンで使えると思いますので、是非参考にしてみてください。今後もチャットレディに使えそうな恋愛心理学があったらご紹介していこうと思っていますが、今回は『単純接触効果』という心理学を使って口説くシミュレーションしていきたいと思います。

『単純接触効果』とは??

単純接触効果

単純接触効果
繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。
何度も見たり聞いたりすると次第に良い感情が起こるようになってくるということ。

これは、そのものに対して繰り返し何度も会ったり、聞いたり、見たりすることによってプラスな感情が生まれてくるということです。
恋愛で言うと会う数が増えれば増えるほど自分も相手も好意が芽生えてくるということとイメージして頂ければ分かりやすいかと。

例えば、CMや雑誌にある商品が紹介されていて、何度もその商品を見ていると次第に良い商品に見えてくる。ということや、あまり興味がなかった歌手の曲を繰り返し聴いていると良く聴こえてきて、結果その歌手のファンになっていた。なんてこともこの心理学の影響ではないでしょうか。

恋愛シーンではどういうことが考えられるか?

例えば、異性と初めてデートに行ったとします。
もしその時相手のことがあまり気にならなくても、その後何度かデートを重ね会う回数が増えてくると、徐々にその相手に惹かれていくということもこの心理学の効果だと思います。
会う回数が増えればその分惹かれていくということですが、当然相手の印象が悪ければまた会おうと思わないでしょう。
なので、最初の印象が重要ということですが、必ずしも第一印象が悪かったからと言ってその後もずっと悪い印象とは限りません。
何度か会っていくうちに、違った一面が見えてき次第に気になる存在となっていることもあります。これもこの心理学の効果だと思います。

この恋愛心理学をチャットレディに応用してみる

恋愛心理学をチャットレディに応用してみる

ではこの恋愛心理学をチャットレディに応用してみるとどのような場面で使えるのか検証していきたいと思います。
とにかく女の子とのログイン回数を増やす!ということが重要になってきます!
週1回の女の子との会話で3時間チャットするなら、週3回の各1時間チャットしたほうがいいのです。
そのほうが女の子としては、一週間で3時間チャットしたことよりも、一週間で3回会話したという方が印象に残りやすいです!

会話時間を分割するその他のメリット

正直あなたは直接会ってもいない女の子と3時間もずっと会話できますか??
すごいお喋りが達者で常に女の子と楽しい会話ができる方は別として、大体の方は3時間の内で会話のネタが多少は切れてします方が多いのではないでしょうか?
私はライブチャットで3時間一人の女の子と会話するなら、3人の女の子と1時間づつチャットした方が楽しいです。

女の子だけではなく、こちら側にも当然メリットはあります!
それは、一回の会話が終わって2,3日後また会話するとなるとその間に新しい会話のネタもできるだろうし、何より3時間ダラダラ会話するより3回に分けて会話した方が新鮮な話題を話せるので会話の内容も濃くなります。
この心理学をチャットレディに応用するなら、「薄い内容の会話を長く」より「濃い内容の会話を短く」の方が女の子側も、男性側にもメリットとなります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です